戦争関連のビデオ ~子供が「戦争とは何なのか」を考えるきっかけに

GOOD!
16774
回閲覧
77
GOOD

作成者: EDUPEDIA運営部 (Edupedia編集部)さん

1 戦争を想像できない

.
戦争のことを教師が一生懸命に話してもなかなか子供たちは想像できないことでしょう。
.
平成31年となった時点で、60歳の教員でも人生における「昭和:平成」の比が「昭和<平成」となり、全員が「平成の人」です。
20~40代の教員は「戦争を知らない子供たちの子供たち」の世代(団塊ジュニア)になっています。令和の学校で、ますます教師が戦争を語り継ぐということは難しくなってゆくのだろうと思います。(この原稿は令和3年時点の状況を書いています)
.
私も親にはよく戦争の話を聞かされはしましたが、学校の社会科では小中高とも明治維新あたりまでで学習が止まってしまい、そこから先の授業は粗くなってしまう傾向があります。
.
教師とて勉強不足で実際のところ戦争がいったい何であったのか、よくわかってない場合が少なくないと思います。
.
時間をかけて教師が話をしたり、子供に調べさせたりすることも必要ですが、「百聞は一見にしかず」で、映像を見せる方がずっとわかりやすいと思います。
以下は、戦争関連で子供に見せる場合に適しているのではないかと思うビデオです。
.
学年や子供の状況に応じて教師側で補足をしたり編集をしたりして工夫する必要があると思います。アマゾンにつながっていますので、画像をクリックしてそちらの解説もみてください。
.

『NHKスペシャル太平洋戦争』

.
1992年ごろにNHKスペシャルで放映されたもの。実写の記録は圧倒的です。戦争ものはどうしてもイデオロギーが絡んで偏った内容の作品になりがちですが、わりと冷静な視線で戦争を見つめ、渋いナレーションによって淡々と語られています。下はBOXセットで1992年に放映されたシリーズ全編です。長いので、教師の勉強用に。


.
日本人特有の非科学的・全体主義的ガンバリズムが悪い方向へ作用していく有様がよくわかります。大人にも勉強になると思いますので、是非。
.
下は、前編、後編に編集されたものです。真珠湾攻撃、インパールの戦い、ガダルカナル島の激戦、レイテ沖海戦などの記録映像を織り込みながら、わかりやすく太平洋戦争の全体像が解説されています。
中学生ぐらいなら通してみることは可能かもしれませんが、小学生にはかなり難しいので、解説をしてあげながら、早送りをするほうがいいと思います。
.


.

ネット上でも閲覧が可能に

.
NHKが昔の戦争関連番組を公開し始めています。アクセスが容易な場所で共有しています。さすがNHKです。偉業だと思います。かなりの量の映像がアップされています。
.
戦争証言アーカイブス
「番組」「証言」「ニュース映像」などから構成されています。
.
上で紹介した20年前のNHKスペシャル「ドキュメント太平洋戦争 第1~6集」もアップされています。素晴らしい作品です。特に、

[NHKスペシャル]証言記録 日本人の戦争 第1回 アジア 民衆に包囲された戦場
[NHKスペシャル]証言記録 日本人の戦争 第2回 太平洋 絶望の戦場
.
は教師の立場としても必見の内容です。
.

このところの証言・検証番組からのアウトテイクらしきものも必見です。
.
戦争体験をあまり語ることのなかった戦中派も、語らねばならぬとの想いが強くなってきているのでしょう、当時を知る貴重な資料となっています。
.
また、太平洋戦争開戦から80年の今年(2021年)から終戦80年の2025年にかけて、NHKではシリーズ「新・ドキュメント太平洋戦争」が放映されるとのことなので、こちらも注目です。
.

アニメやドラマを通じて

.
実写映像が残酷であったり、ナレーションや構成が子供たちに分かりにくいと言う意見もあります。ドラマやアニメを通じて戦争を知るというのもいいかもしれません。
.
火垂の墓
.


.
野坂昭如さんの小説のアニメ化。野坂さんは実際に妹を戦争で失っておられます。大空襲で母を失った、兄妹が行き場を失って神戸の街をさまよいます。
.
さとうきび畑の唄 完全版
.


.
学校では火垂の墓をみせることが多いかもしれませんが、これもなかなか戦争の様子がよくわかります。これなら小学3年生でもわかるかな。やや長いので、3回に区切るぐらいがいいかもしれません。沖縄を舞台にした、平凡な家族の視点から見た戦争の姿を描いています。明石家さんまの主演です。ちょっと軽くて、現実とはかけ離れているのではないかという批判もあるようです。
.
はだしのゲン
.


.
漫画本でも有名な広島に投下された原爆の話。漫画の方も必見だと思います。作者の中沢啓治さんは亡くなられてしまいましたが、風化させてはいけないと思います。
.
少年H
.


.
妹尾河童さんの実体験を基にしたベストセラー小説を実写化した映画。神戸市が空襲されるシーンは緊迫感がある。戦争に対して懐疑的な家族が受ける不条理な仕打ちもよく描かれている。
.
プライベートライアン
.


.
冒頭の20分ぐらいの「ノルマンディー上陸作戦」におけるオマハビーチでの戦闘の凄惨さがものすごいです。なので、とても子供に見せるようなものではないです。見せたら必ずクレームが来ると思います。
この映画は戦争の現実について考える上で、教師として観ておくのがいいのではないかと思います。

コメント

コメントはまだありません

    より良い実践のためには、あなたの励ましや建設的な対案が欠かせません。
    ログインして、ぜひコメント欄をご活用ください。