ひそひそ話をロールプレイしよう

仲間はずれをする雰囲気があった。このイヤな雰囲気を何とか打開したいと思いひそひそ話のロールプレイをおこなった。

ロールプレイは役割演技とも呼ばれる。役を決めてごっこ活動をすることを通して、子どもたちに気づかせる方法である。ひそひそ話について取り上げ、やっている側・やられている側の気持ちを考えさせた。

1.1 班の人で、ひそひそ話のごっこ活動をやろう。

ルール

  1. 「いっせーのーで」で、班の中で誰かを指さして、ターゲットを決める。
  2. 残りの3人は話を聞かれないように、その人のことを3人だけでこそこそ話す。
  3. 1分間たったら役割を交替し、全員が順番でやる。

ひそひそ話をする人はターゲットに聞かれないように、こそこそ話をする。何を話しているが、近寄って行くと逃げたりする。でも、遠くからこちらをじろじろ見る。

4人全員体験をしたところで

ひそひそ話をしたときに、ちょっとイヤだなと思ったことはありましたか。 

  • 気になった。
  • 寄ると逃げていった。
  • 寂しい感じがした。
  • たたかれた。
  • 自分のことを言われているみたいだった。 
  • 指をさした。
  • 嫌味を言っているみたいだった。

1.2 ロールプレイをした感想書こう。

  • やったとき自分では何も思わなかったけど、やられている人が聞こうとするからかわいそうな気がする。やられたとき、嫌味を言われているみたいでイヤだった。
  • やられたとき自分のことをどう思っているが気になった。嫌味を言われているみたいでイヤだった。悲しかった。
  • 気になった。嫌味を言われているような気がした。寂しい仲間はずれにされているような感じがした。
  • やられたときこっちを見ながら話しているから、悪いこととか言われている気がして、イヤな感じだった。

最後に自分の生活を振り返った。

今までに、ひそひそ話をしてしまったことがありませんか?

ほとんど全員が〈そうしたところがあった〉と振り返った。

The following two tabs change content below.

シリウス

42

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA