学級集団を成長させる教師の言葉がけ(佐藤謙二先生)

グループアプローチに特有の効果には以下の8点があります。それらを伸ばす教師の言葉がけを例示します。

  • 太字の項目は重要だと思うものです。
  • 上記の言葉がけは授業でも活用できます。特に「現実吟味」は算数・数学や理科で可能です。
  • 「普遍化」の「不合理な考え方の修正」は発達段階から小学校高学年以上に適していると思います。
  • 「凝集性」の「スケーリングクエスチョン」は次のように応用・展開することができます。
  • 4月に比べて今月は「7」だと答えましたが、そのプラス2にそのわけを教えてください。
  • 次回にはどのへんまで伸ばしたいですか。

関連記事

学級集団の成長度を見るアンケート(グループアプローチの効果の8観点から)(佐藤謙二先生)

https://edupedia.jp/entries/show/965

25
声がけ1.png

1 個のコメント

  • 教師の言葉がけ、児童・生徒への発問と助言はとても大切ですね。様々なタイプの子にどのような言葉かけが有効なのか、そのヒントをいただきました。
    児童・生徒の思いや考えを引き出す(educe)言葉かけを追究していきたいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA