5,6年生「調べ学習を効率的にかつ一人一人ちがうものに!」(柴田克美先生)

1 はじめに

こちらの記事は、静岡県で30年間教員をなさっている柴田克美先生がホームページに掲載されているさまざまな教育実践法の中の一つを紹介しています。
http://pinokio.blog.jp/

2 実践の内容

4人で一グループになります。

何か調べ学習をするとき、一人一人テーマが違う方がいいです。同じテーマだと遊んでしまう子ができてしまいます。

そこで「戦争と平和について」調べるとします。

一人一人ちがうテーマで

あなたは「広島の原子爆弾」、あなたは「長崎の原子爆弾」、あなたは「その後の講和条約」、あなたは・・・と、発表は1枚でも項目を分けます。

最後に1枚のA4にまとめて(切り貼りして)拡大機にかけます。

大きなポスターになります。

それに色をつけて発表します。

こうすることで効率的かつ一人一人が活躍できる調べ学習ができます。

以下はそのフォーマットです。

3 講師プロフィール

柴田克美(本名)

静岡県藤枝市生まれ。明治大学卒業後公立小学校教諭として33年勤め現在に至る。
その間、学研の「学習」「イマジン学園」連載、明治図書各雑誌の執筆、静岡出版文化会の「夏休みの友」など数々の著作がある。
「知的興奮・算数ドリル」(明治図書)はアドベンチャー算数として好評を博した。
近年は大手「アマゾン」の電子本サイトにてペンネーム剣崎克彦の名で「究極のダイエット」「雨ニ負ケ剣崎克彦詩集」「脳を鍛えて120歳」など多彩な分野へも執筆活動を続けている。
幼児教育の重要性を唱え、自分の息子は東大へ入学させている。現在、認知症の予防をするため介護施設をめぐりお年寄りに学ぶことの楽しさを届けている。静岡市在住。

近著
「教室レイアウトアイデア事典」(明治図書2014/2/21発売)

「学級&授業ゲームアイデア事典」(2014/7/25発売)

「係活動&アイデア事典(仮称)」「学級開き&アイデア事典(仮称)」(いずれも明治図書2015/2、発売予定)

4 編集後記

調べ学習をするときに、一人一人がちがうテーマだと全員が活躍できるし、他の人の発表を見て新たなことを学べるので、とても面白そうだと思いました。本文中に「戦争と平和」の例で挙げられているように、ある事柄について様々なテーマから調べると、その事柄の考察を深めることができると思います。フォーマットもぜひご活用ください。
(編集・文責:EDUPEDIA編集部 安井愛弓美)

26
フォーマット.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA