【特集企画】国際パラリンピック委員会公認教材『I’mPOSSIBLE』日本版について

GOOD!
8647
回閲覧
72
GOOD

作成者: I’mPOSSIBLE 日本版事務局さん

1 「パラリンピック教育」とは?

パラリンピックを題材に、共生社会への気づきを促す教育で、以下を目指しています。
◯共生社会の実現に向け、子どもたちが考え行動を起こすきっかけを作る
◯多様性を認め合い、自他共に尊重する豊かな心を育む
◯逆境や困難を生き抜く、強さとしなやかさを学ぶ
パラリンピック教育の意義や進め方、実践事例をご紹介し、先生方の不安や疑問を解消するために、オンライン教員研修を開催しています。詳細・申込はこちら

2 国際パラリンピック委員会公認教材『I’mPOSSIBLE』とは

『I‘mPOSSIBLE』日本版は、国際パラリンピック委員会が開発した国際版の教材を元に、日本の教育現場での活用のしやすさを重視し、制作されました。体育/保健体育、総合的な学習/探究の時間、道徳、社会など幅広く活用が可能です。

教材の名前『I‘mPOSSIBLE』は、「不可能(impossible)だと思えたことも、考え方を変えたり、少し工夫したりすればできるようになる(I’m possible)」という、パラリンピックの選手たちが体現するメッセージが込められた造語です。

詳細は公式サイトをご覧ください。

◯必要な素材・情報がすべて揃ったパッケージ
指導案、映像資料、ワークシートなど、授業の準備・実施に必要なものがすべて入っています。

◯全教材が無料でダウンロード可能
2017~2020年に全国の小・中・高・特別支援学校等、教育委員会に無償配布済。
全ての教材がこちらからダウンロード可能です。

◯教材の構成
小学生版・中高生版それぞれ14ユニット(座学9回・実技5回)
特別な用具がなくても、簡単にパラスポーツの実技体験ができる方法も動画で紹介しています。

3 特集記事一覧

第1回 共生社会へつながるパラリンピック教育

第1回は、『I’mPOSSIBLE』日本版の教材開発中心メンバーである安岡由恵さん、マセソン美季さん、小松ゆかりさんへ『I’mPOSSIBLE』日本版の魅力とパラリンピック教育の意義についてお話を伺いました。

・「子どもたちから変わってほしい」− 開発へ込められた願い

・「いろいろな人が生き生きと共生できる社会」を作るための考え方を学べる教材

・「自分にもできる」という勇気をもってもらいたい

・さまざまな場面で使いやすいよう工夫された教材設計

パラリンピック教育に取り組んだことがある人もない人も、一度「なぜ今パラリンピック教育なのか」について考えてみませんか?

第1回記事へは こちら

第2回 パラリンピック教育と教育計画を結びつけよう!

第2回となる今回は、パラリンピック教育と教育計画との関連づけに役立つ2つのポイントについて、具体例も交えながらお伝えします。

・『I’mPOSSIBLE』日本版で目指すパラリンピック教育の3つのステップ

・パラリンピック教育を通じて児童や生徒に届けられる力

・具体的な取組例

パラリンピック教育を学校で取り入れてみませんか?教育計画と結びつけて、効果的な実践を目指しましょう!是非参考にしてください。

第2回記事へは こちら

第3回 新教材をお届けします!中学生・高校生版第三弾のご紹介

第3回は、6月15日から発送が開始される新教材、『I’mPOSSIBLE』日本版の中学生・高校生版第三弾の内容についてご紹介します。今回お届けするのは下記の2つです。

・1-5 パラリンピアンの日常生活からバリアフリーを考える(座学)

・2-8 パラリンピアンの魅力に迫ろう!(座学)

授業準備に時間をかけず、1コマからすぐに使用できるので、これまで以上に日々さまざまな対応に追われるなかでも、効率的かつ効果的にパラリンピック教育の授業を行っていただけます。ぜひご活用ください!

第3回記事へは こちら

4 リンク集

特集記事

関連ページ

コメント

コメントはまだありません

    より良い実践のためには、あなたの励ましや建設的な対案が欠かせません。
    ログインして、ぜひコメント欄をご活用ください。